乾燥肌だけど顔がテカテカ・・・そんな症状をホホバオイルで改善できるのか?

ホホバオイル

わたくし管理人は超乾燥肌体質なのですが、顔はベタベタとした肥性肌(オイリー肌)です。

この肥性肌の原因は「もともと皮脂が出やすい体質」か「肌が乾燥していることで過剰に皮脂分泌されている」かのどちらかになります。

今回は、肌が乾燥する事により顔がテカってしまう人に向けて記事を書きました。(その原因も説明します)

乾燥肌に効果的と言われるホホバオイルを使い、肌の乾燥を改善すれば肥性肌は治まるのか?

3年間ホホバオイルを使っている私が、その詳細を詳しくお教えします!

肌の乾燥による肥性肌の原因をまずは知っといて!

ホホバオイルは肌の乾燥改善に効果が高い

肌が乾燥しているのに顔がテカテカしてしまうのは、肌の防御機能が関係しています。

肌は皮脂の膜に覆われており、この皮脂膜があるおかげで外部の異物やアレルゲンが肌に侵入しないよう防御したり、肌の水分を逃がさないフタの役目をしてうるおいを保っています。

乾燥肌の人は皮脂の分泌が下手くそなので、シャワーのお湯や洗顔料などで皮脂を取りすぎると、たちまち乾燥しだします。

通常なら適度な皮脂が出て肌に膜を張るのですが、乾燥肌の人は皮脂が過剰に分泌し顔をテカらせてしまうのです。

なので、皮脂が過剰分泌される前に化粧品でしっかり保湿してあげることが、肥性肌の改善に効果的なんですね。

ホホバオイルを使えば肥性肌(オイリー肌)は改善できるのか?

ホホバオイル

では、ホホバオイルを使って肌を保湿すれば肥性肌は改善されるのか?

結論から申しますと、

ホホバオイルだけで肥性肌は改善されません!

乾燥肌はとても良くなりますが、肥性肌については完璧に改善されるわけではないですね。

ただ、完全に効果がないわけではなく、他の対策も一緒に行うとだいぶ良くはなります。

その対策は何かと言うと「食事や生活習慣の改善」です!

ホホバオイルを使って乾燥肌を改善しつつ、食事や生活習慣を見直すことで今よりも肥性肌を抑えることは可能だと思います。

実際に私は良くなったので、しっかり対策すればあなたの肥性肌もよくなると思いますよ。

では、私がおこなった肥性肌対策について1から説明いたしますのでご覧ください。

対策1:ホホバオイルを使った保湿と洗顔の見直し

洗顔

まず乾燥肌の改善にホホバオイルはおすすめですが、一緒に洗顔を見直すとさらに効果的です。

乾燥肌の人は皮脂分泌がヘタなので、洗顔する時はできるだけ皮脂が残るよう洗うのが大事!

洗顔するとき、熱いお湯や洗浄力の強い洗顔料を使ってないでしょうか?

まずお湯の温度は32℃前後のぬるま湯にすること!そして洗顔料は洗浄力がやさしい石鹸、または使わないようにして下さい。

  • 32℃のぬるま湯は洗った感じがしない!
  • 石鹸を使うのは抵抗がある!
  • 洗顔料を使わないと汚い!

こんな疑問が出てくるかもしれませんが、全部間違った認識です。

32℃のぬるま湯は本当に洗った感がありませんが、乾燥肌の人は熱いお湯を使うと肌に必要な皮脂が流れてしまうので、この温度(32℃前後)は徹底してください。

そして洗顔料なのですが、できれば使わない方がいいです。

まずは肌の乾燥を出来る限り早く改善させるため、ぬるま湯洗顔だけにしてください。

ある程度乾燥肌が改善されたら洗顔料を使ってもいいですが、使うなら石鹸がおすすめです。

石鹸は肌にやさしい成分で作られている物が多く、肌に必要な皮脂を取りすぎる心配がありません。

そして、洗顔後の保湿はホホバオイルを使います。

ホホバオイルは皮脂に近い成分で出来ているので、乾燥肌の人にはとても効果があります。

実際、私が今まで使ってきたスキンケア商品で1番良かったのがホホバオイルです。

オイルだけどサラサラしていてベタつきは全く感じないですし、肌がとてもうるおうのでおすすめですよ!

ホホバオイルを使う時なのですが、最初に化粧水を付けておくとオイルが浸透しやすくなります。

ここまでをまとめると

  • ぬるま湯洗顔(32℃前後)
  • 洗顔料は使わない(使うなら石鹸)
  • 化粧水+ホホバオイルで保湿

これを徹底すればあなたの乾燥肌はだいぶ改善されると思います。

また、過剰な皮脂分泌も抑えられ肥性肌もいくらか治まるはずです。

おすすめのホホバオイルはこちらを参考に⇒「おすすめのオーガニックホホバオイル

対策2:食事を見直して肥性肌を改善

食事 肥性肌

毎日の食事が脂っこい食べ物ばかりになってないでしょうか?

肉類、揚げ物、ラーメン、インスタント食品など、脂が多い物ばかり食べていると、その分皮脂も出やすく顔がテカつく原因になります。

偏った食事は皮脂の過剰分泌だけでなく健康にも悪いので、毎日の食事を一度見直してみてください。

ちなみに、肉類ばかり食べていると体臭もクサくなります。それだけ食べ物による体への影響は大きいので、肉類・脂っこい食べ物は控えるようにしていきましょう!

対策3:生活習慣の改善(ストレスを溜めない)

ストレス 肥性肌

ストレスを感じると皮脂が過剰に分泌される原因になるのを知ってましたか?

体がストレスを感じると男性ホルモンが増えるのですが、この男性ホルモンは皮脂の分泌を促してしまうのです。

女性より男性の方がオイリーな人が多いのはそのためで、できるだけ男性ホルモンを増やさないようにすることが肥性肌の改善につながります。

ストレスを溜め込まないようにするには、自分の好きな事をしてストレス発散するのが望ましいですが、運動も同じ効果があるのでおすすめですよ。

毎日忙しいかもしれませんが1日30分程のウォーキングでも構わないので、継続的に運動をしていきましょう!

まとめ

わたしの経験上、肌の乾燥を抑えるだけで肥性肌は治りませんでした。

ですので、先ほどお話した食事やストレスフリーに過ごす努力は必用になると思います。

結構大変ではありますが、肥性肌の改善のためお互い頑張っていきましょう!

おすすめのホホバオイルはこちらを参考に⇒「おすすめのオーガニックホホバオイル

オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)