ホホバオイルで髪の毛がサラサラ!ダメージも防ぐヘアケア術を紹介!

髪の毛サラサラ

パーマやカラーで傷んでしまった髪の毛に、洗い流さないトリートメントを使っている方は多いと思います。

私も一時「ラサーナの洗い流さないトリートメント」を使っていましたが、ホホバオイルの方が髪がサラサラになるので切り替えました。

サラサラになる以外にもホホバオイルを使うメリットがあるので、その詳細と私が行ってるヘアケアについてご紹介したいと思います。

なぜホホバオイルがヘアケアに効果的なのか?

なぜホホバオイルがヘアケアに効果的なのか?

ホホバオイルがダメージを負った髪の毛になぜ効果的なのか?それは

強力なコーティング力があるからです。

ホホバオイルの約9割がワックスエステルと言う成分で出来ています。

天然のロウであるワックスエステルは、人間の皮脂に近い成分なのでとても馴染みやすいという点がメリットの1つ。

ダメージを負った髪の毛は、キューティクルが剥がれ中の水分がどんどん蒸発してしまっている状態です。

水分が失われると髪の毛がパサパサしたり・うるおいの無い傷んだ髪の毛となってしまうのですが、ホホバオイルでコーティングすることでその状態を抑えることができます。

先ほども話した通りホホバオイルは天然のロウ=油です。

この油で髪の毛をコーティングすることにより、髪の毛内部の水分の蒸発を留める効果が期待できるのです。

ホホバオイルは安全である事もおすすめの理由

もう1つホホバオイルがおすすめの理由が、その「安全性」です。

ホホバオイルは「オイルの中で世界一安全」と言われています。

そのため、人工心臓の潤滑油に使われていたり、消毒液から手を守るために使われるなど、医療機関でもその安全性が認められて使われています。

トリートメントは髪の毛のダメージを補修しサラサラヘアへと導いてくれますが、100%体に無害とは言えません。少なからず化学物質は含まれています。

その点、ホホバオイルは安全性が高く頭皮や肌についても全く問題ありません。

体質によりホホバオイルが合わない事もあるので100%無害とも言えないのですが、市販で売られているトリートメントよりも安全性が高いのは間違いないです。

ホホバオイルは安全と書きましたが、ホホバオイルの種類によって違ってきます。無色透明の精製されたオイル(無印etc)や、オーガニック認定されていないホホバオイルの安全性は低くなります。

ホホバオイルを使ったヘアケアのやり方

ホホバオイルを使ったヘアケアのやり方

ホホバオイルを使ったヘアケアは、シャンプーした後に行います。

髪の毛を洗った後はキューティクルが開いており、水分が蒸発しやすい状態。

ですので、ホホバオイルでコーティングしてあげるのはシャンプーした後が一番おすすめです。

また、髪の毛を濡らしている状態の時にホホバオイルを使った方が、オイリーな髪の毛になりにくいので、濡れた状態でやる事が1つの。

髪の毛が濡れていない状態でホホバオイルを塗ると、ツヤツヤが強すぎて逆に汚らしくなる場合があります。

では詳しい使い方を見ていきましょう。

使い方1:お風呂から上がったら軽くタオルドライ

まずは軽く髪の毛の水けをタオルで拭いていきます。

ゴシゴシと擦らず、タオルで押さえながら拭く方が髪の毛が傷みにくいです。

ある程度水気を拭き取ったら、手のひらにホホバオイルを3滴ほど垂らして髪の毛に付けていきます。

ショートヘアで3滴くらいロングだともう少し付けても良いかも知れませんが、最初は少ない量で試してください。

使い方2:ホホバオイルを付けた後はドライヤーをする事

ホホバオイルを髪の毛全体につけおえたら、次にドライヤーをしてください。

ドライヤーの使い方は、

  • 20cm以上離して使うこと
  • 髪の毛の流れに沿って乾かすこと
  • 頭皮を乾かしながら髪の毛も一緒に乾かすこと

です。

ドライヤーはとても熱い風なので髪の毛に近づけすぎると焦げます。ダメージの原因にもなるので、できるだけ離して使うようにして下さい。

次に髪の毛の流れに沿って乾かしていきます。

髪の毛の内側から手を入れて外側に沿って乾かす感じです。この逆で乾かす人はいないと思いますが、逆に行うとキューティクルが広がってしまうのでNG。

そして、頭皮を乾かしながら髪の毛も一緒に乾かすようにして下さい。

ドライヤーを使う目的は髪の毛だけでなく、頭皮も一緒に乾かすことが大切なので、髪の毛をかき分けながら一緒に乾かしていきましょう。

そして髪の毛・頭皮共に乾かす目安は7割から8割くらい。

完璧に乾かす必要はありません。ある程度乾いたらドライヤーの役目は終了です。

ドライヤーの熱は髪の毛にダメージを与えるがホホバオイルが守ってくれる

ドライヤーの熱は髪の毛にダメージを与えるがホホバオイルが守ってくれる

「髪の毛が傷むからドライヤーは使わない」なんて人もいるようですが、ホホバオイルを使えば問題ありません。

ホホバオイルが髪の毛にコーティングされれば、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。

だからと言って、かなり近づけて乾かしてはダメです。

ドライヤーを使う距離はできるだけ離して使うようにして下さい。

ホホバオイルをつけると紫外線からも髪の毛を守れるのか?

ホホバオイルをつけると紫外線からも髪の毛を守れるのか?

髪の毛のケアを気にしていると紫外線の影響も気になるかと思います。

そんな紫外線に対してホホバオイルは効果的かと言うと、若干の効果しかありません。

ホホバオイルの紫外線防止効果は、SPF4程度と言われています。

このSPF4と言うのは、通常20分で肌が赤くなるところ、その4倍引き止める効果があるという意味です。(ですので、ホホバオイルを塗ると1時間20分に引き伸ばすことができます)

普通の日焼け止めのSPFは20から30くらいで、強い物だと50もありホホバオイルの10倍もの紫外線防止効果があります。

ですので、ホホバオイルの紫外線防止効果は低めと覚えておいてください。

ホホバオイルを髪に使った効果をレビュー

ホホバオイル

最後に「ホホバオイルを使って私の髪の毛がどう変化したか」についてお話します。

私はよくカラーリングを行うので、髪の毛が傷みパサつくのが悩みでした。

オイルを髪の毛につけることに少し抵抗がありましたが、口コミでも髪がサラサラになると評判がよかったので軽くホホバオイルをつけてみたら

思った以上に髪がサラサラになりました。

1日目でも効果を感じましたが1週間使い続けるとより髪の毛がサラサラになり、気になっていたダメージのパサつきが改善されました。

使用頻度は朝晩の2回です。

朝なのですが私は必ず髪の毛を濡らすので、ここでもホホバオイルを付けるようにしています。

ちなみに髪の毛を濡らさない時はつけません。オイリーな感じになることが多いので、髪の毛が濡れている時だけにしています。

シャンプーにホホバオイルを混ぜる方法は良いの?悪いの?

シャンプー剤にホホバオイルを混ぜて使うやり方を紹介されているサイトがありますが、個人的にはおすすめしません。

若干髪の毛がサラサラになりますが、直接塗った方が効果は高いです。

あと、シャンプーの泡立ちが少し悪くなるので、直接髪の毛に塗った方がおすすめではあります。

まとめ

髪のダメージ・パサつき、サラサラヘアにしたい人に、ホホバオイルはおすすめのヘアケアアイテムです。

トリートメントよりも安全性が高いので、肌が弱い人はホホバオイルに切り替えてみてください。

私が使っているホホバオイルは『ナチュラルオーケストラ』の物を使っています。

ナチュラルオーケストラ

オーガニックホホバオイルなので安全性が高く、ホホバに含まれている栄養もたっぷり詰まっているのが特徴です。

おすすめのオーガニックホホバオイル』記事で紹介しているので、詳しくはそちらをご覧ください。

オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)