ホホバオイルの保湿はすごいけど、アトピーが改善できるとは限らない。

ホホバオイルを使って副作用が起きた実例

『アトピーの改善にホホバオイルが良い!』なんて耳にするかもしれませんが、改善ではなく予防にホホバオイルは向いてると思います。

ホホバオイルだけでアトピーを治そうと思えば治せるかもしれません。

ただ、それは軽度のアトピーであって、重度のアトピーはお医者さんに薬を出してもらった方がいいと思います。

※これは私の経験上、そして専門のお医者さんも同じ意見なので、重度のアトピーは自己判断しないでお医者さんと一緒に治療することをおすすめします。

今回はアトピーとホホバオイルについてご説明しますが、必ずしもホホバオイルだけのケアでうまくいくとは限らないことを頭に入れておいてください。

では始めに、私のアトピーについてお話し、その後ホホバオイルについて詳しく説明いたします。

私のアトピーについて

私のアトピーについて

私のアトピーが酷かったのは子供の頃(小学生時代)になります。

かゆくて眠れない日もありましたし、掻きむしって血がでたり、真っ赤に炎症して辛かったのをよく覚えています。

お医者さんにも通っていて、特にひどい時はステロイドも塗っていました。

ステロイドは体に悪いと言われていますが、その効果はとても高く、子供の私でも「この薬はよく効くな」と思っていたほどです。

親はステロイドの危険性も分かっていましたし、お医者さんにもアトピーが酷い時以外は使わないよう注意されていたので、アトピーが軽度の時は保湿オイルを塗ってケアしていました。

しかし、保湿オイル(なんのオイルかは覚えてません)は、アトピーの炎症を抑える効果があまりないんですよね。

一時、炎症が酷くても掻くのを我慢して保湿だけのケアで治していました。(しっかり保湿し掻かなければ、私の場合は治ることが多かった為)

しかし、ほとんどは痒みに耐えられず失敗し、ステロイドに頼って炎症を抑え、その後はかゆみが出ないよう保湿を繰り返すケアをしていたのです。

私のアトピーが改善してきたのは中学生になってから

中学生になってからは一切ステロイドに頼らず、体質を改善する方法に切り替えました。

親が様々な話を聞きに行き、ニューウェイズという製品を使うことにしたのです。

ニューウェイズとは、安全な生活製品(シャンプー・スキンケア・洗顔料・洗剤etc)を販売しているブランドで、「肌につけるものは安全な製品を!」と言うのをコンセプトにした会社です。

ニューウェイズのスキンケア商品(保湿剤)は、最初はアトピーが悪化するかもしれないが、それは体の中の悪い物が外に出ていくだけで、使っていれば徐々に良くなってくと教え込まれました。

最初は全く効かず、アトピーが少しひどくなったりもしましたが、徐々に体質が改善され中学後半にはアトピーによる痒みもほとんどなくなったのです。

ただ、ニューウェイズが果たして良かったのかは分かりません。

単に体質が変わって、アトピーが出にくくなっただけかもしれませんし、ハッキリこれが良かったとは断言できないです。

今現在の私のアトピーについて

今はアトピーによる炎症はほとんどありませんが、掻きすぎると軽度のアトピーは発症します。

その場合は、ホホバオイルをつけて肌を掻かない。そうすれば、自然と治っていくので薬に頼ることもしていません。

アトピーに保湿はとても大事です。実際、肌が乾燥していなければ掻くこともないですし、アトピーもでません。

ホホバオイルの保湿だけでアトピーを完治できるかもしれませんが、アトピーが酷いと治りはとても遅いと思います。

その間痒いですし、100%治るかもその人の体質によって違うので、炎症が酷い場合はまず抑えてからの方が良いかと思います。

国立成育医療研究センター監修・指導の元に作られたHPでも、同じように炎症が酷い部分には薬を塗ることを推薦しています。
詳細URL:http://www.kyudai-derm.org/atopy_care/index.html

ホホバオイルがアトピーの保湿におすすめの理由

ホホバオイルがアトピーの保湿におすすめの理由

ではここからは、アトピーの保湿に「なぜホホバオイルがおすすめなのか?」をご説明いたします。

ホホバオイルがアトピーにおすすめの理由は2つ

  1. 肌の乾燥改善に効果が高い
  2. 反バクテリア作用がある

からになります。

では2つの詳細を詳しく見ていきましょう。

1:ホホバオイルは肌の乾燥改善に効果が高い

ホホバオイルは肌の乾燥改善に効果が高い

アトピーの人は基本「肌の乾燥・肌が弱い」と言うのが共通しています。

ちょっとした刺激で肌がかゆくなったり、合わない製品も多かったりしますよね。

実際私も肌の乾燥がひどく、子供の頃から今現在も乾燥肌です。

しかし、ホホバオイルを使ってからは、ほぼ乾燥しなくなりました。

根本的に乾燥肌が治ったわけではありません。ホホバオイルでケアしなければ乾燥してしまいますが、毎日ケアしていれば真冬でも乾燥せず過ごせます。

色々な保湿製品を使いましたが、天然系の保湿製品で一番良かったのがホホバオイルでした。

超乾燥肌の私の肌がしっかり潤うので、その効果は高いと思います。

なぜホホバオイルの保湿がすごいのか?

これはホホバオイルに含まれているワックスエステルと言う成分に秘密があります。

ワックスエステルとは人間の皮脂に近い成分でできており、肌にとても馴染みやすいのが特徴です。

使ってみると分かるのですが、質感はオイルなのにオイルのベタつきなどは感じません。

沢山つけても肌にスッと吸収されてしまうので、つけてる感じがしない事に最初は驚くと思います。(私は驚きました)

アトピー肌の人は皮脂の分泌がうまくできず、本来肌に必要とされている皮脂の量が足りていません。

ですので、肌のうるおいが保てず乾燥しアトピーへと発展していくのです。

ちなみに、ホホバオイルに含まれているワックスエステルの量は約9割と言われています。

ですので、肌の皮脂量が足りないアトピーの人には、天然の皮脂によって肌を守ってくれるホホバオイルがピッタリだと言えるのです。

2:ホホバオイルの反バクテリア作用

ホホバオイルの反バクテリア作用

アトピーの原因の1つに、バクテリア(菌)の存在が関係しています。

バクテリア(菌)が肌に侵入すると、かゆみを発生させそれがアトピーへと発展していくのですが、ホホバオイルにはバクテリア(菌)を破壊する力が備わっています。

海外の大学の研究によると、肌に異状をもたらすバクテリア(菌)5つが、ホホバオイルの中では生きられない事が発見されました。

異常をきたすバクテリア(菌)がなければ、その分アトピーを発症する確率も減るので、ホホバオイルを使うメリットは高いと言えます。

本来なら、皮脂がバリアの役目を担ってバクテリア(菌)やアレルギーとなる異物を防ぐのですが、乾燥した肌ではその機能が著しく低下しています。

そんな乾燥した肌の防御力を高める効果がホホバオイルにはあり、なおかつバクテリア(菌)を破壊する効果もあるので、Wの力でアトピーの予防・改善ができるのがホホバオイルを使うメリットだと言えます。

アトピーの肌にどうやってホホバオイルを使うのか?

アトピーの肌にどうやってホホバオイルを使うのか?

ホホバオイルの効果は分かったと思うので、次はアトピー肌にどうやってホホバオイルを使うのかを説明していきます。

まず、最初に行ってもらいたいのがパッチテストです。

ホホバオイルは世界一安全なオイルではありますが、人によって合う合わないがあります。

大抵の人は大丈夫だとは思いますが、念のためパッチテストは行ってください。

パッチテストのやり方

肌に10円玉くらいの量のホホバオイルをまずつけます。

つける箇所は肌の弱い部分(腕の内側など)やアトピーの箇所などにつけて下さい。

10分程放置して問題なければ使っていいとされていますが、できれば12時間くらいは様子を見た方がいいでしょう。

夜寝る前につけて、朝確認するのがいいと思います。

これで、肌に異常がなければホホバオイルを使用していきましょう。

肌に異状が出たりアトピーが悪化した場合は?

「肌に異状がでたらもう使えないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

体調が悪くたまたま異常が出た場合もあるので、日を改めて使ってみてください。

また、使い始めは異常がでやすくなることもあるようですが、2日から3日程で大抵は治まるそうです。

徐々に使っていれば問題ないと思いますが、あまりにも症状が酷いようならお医者さんに診てもらってください。

ちなみに私は全く問題なかったです。

ホホバオイルを効果的に使う方法

ホホバオイルを効果的に使うには、化粧水と一緒に使うのが一番良いです。

これは実際に私が試して一番良かった方法になります。

ホホバオイルだけでもそれなりに保湿しますが、化粧水を先につける事でより保湿力が高まります。

化粧水は肌に水分を与えるのが目的で、乾燥した肌と言うのは、肌の中に水分が足りない状態になっています。

ですので、先に化粧水で肌に水分を与えてやり、次にホホバオイルで保湿をすると効果は高くなります。

ただし、アトピー肌の人は化粧水が合わない事もあるので無理に使う必要はありません。

もし使っても問題ないなら使うようにして下さい。

お風呂上りの保湿が重要

肌が一番乾燥しやすくなるのはお風呂上りになります。

なぜなら、肌の中の水分が蒸発する・肌に必要な皮脂が流れてしまうのが原因だから!

洗顔料やボディーソープ、熱いお湯を使うと、肌に必要な皮脂まで流してしまいます。

ですので、お風呂上りは入念にホホバオイルをつけて下さいね。

付け方はとっても簡単で、タオルで水けを拭き取ったら化粧水を付けてすぐにホホバオイルを付けていきます。

お風呂から上がったら、できるだけ早めにケアするようにして下さい。ケアが遅いとどんどん乾燥が進んでしまいます。

化粧水が合わない場合は、タオルで拭くとき少し水けを残しておいて下さい。

ホホバオイルは浸透性が高いので、つけた直後からどんどん肌に吸収されていきます。

水けがあると、ホホバオイルが混じり肌の伸びがよくなるのでとても付けやすくなりますよ。

ホホバオイルをつける量は?

肌が乾燥しないくらいつけて下さい。

お風呂上りに付けた時はちょうど良くても、少し時間が経つと肌が乾燥するなんて事ありますよね?

そうならないくらい、しっかりホホバオイルを付けた方が効果は高いです。

私の場合、顔につける量は500円玉くらいの量を付けています。冬は乾燥しやすいので、2回つける時もあります。

時間が経っても乾燥しないくらいつける!と言うのがポイントなので、量については自分で調整しながら覚えてくださいね。

肌が乾燥してると思ったら付ける!

これも大事で、肌が乾燥してるなと思ったらつけて下さい。

そのままの状態にしておくと、かゆみが出てきてしまうので、乾燥してると感じたらこまめにつけていきましょう!

「そんなに付けて大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、全然問題ないですよ。

アトピーにいけないのは、とにかく肌の乾燥です。乾燥しなければかゆみも出にくいので、しっかりつけて下さい。

また、ホホバオイルを沢山付けたからといって、ベタベタしたりテカったりすることもありません。

ホホバオイルのつけ心地は驚くほどサラッとしていますよ!

ホホバオイルを買う時は未精製&オーガニックがおすすめ

ホホバオイルを買う時は未精製&オーガニックがおすすめ

まずホホバオイルには精製品と未精製品の2種類で分かれます。

精製品とは無印で売ってる透明なホホバオイルです。

これは、不純物などを取り除いて刺激が少ないオイルなのですが、精製の過程でホホバに含まれる大事な栄養まで失われているデメリットがあります。

ホホバオイルに含まれている栄養とは、天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどです。

これは肌の新陳代謝を促したりする大事な栄養でもあるので、透明なホホバオイル(精製品)ではなく、金色の未精製のホホバオイルをおすすめします。

次にオーガニックにこだわってください。

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わない、土地が汚染されていない、工場の衛生管理が徹底しているなど、製品の安全性が高い物を指します。

オーガニック製品を見分けるポイントは、国際的な機関でしっかり認定されている物を選べば問題ありません。

日本の化粧品に関するオーガニック基準はとても低く、完全なオーガニックでなくても「オーガニックです!」と言えてしまいます。

ですので、国際的な機関で検査された「オーガニック認定ホホバオイル」を選んで下さい。

下記のマークが製品についていれば、オーガニック認定を受けている証です。

オーガニック

※この他にもオーガニック認定のマーク(機関)はありますが、有名な物だけを紹介しています。

おすすめなのはナチュラルオーケストラのホホバオイル

ナチュラルオーケストラ

ナチュラルオーケストラのホホバオイルは、未精製のオーガニックホホバオイルになります。

  • [ECOCERT]世界最高権威フランス有機認定機関
  • [COSMOS]ヨーロッパ総合有機認定機関

この2つのオーガニック認定機関に受かったホホバオイルで、グレードも最高級、口コミ評価も高い製品になります。

最高品質ともあって、その価格は他のホホバオイルに比べると高いのがネックですが、肌につけるものは良い物を使いたいので、私は長年コレを愛用しています。

そんなナチュラルオーケストラのホホバオイルは、全部で3サイズあります▼

ナチュラルオーケストラ34 ナチュラルオーケストラ55 ナチュラルオーケストラ210
サイズ 34ml 55ml 210ml
価格 3,000円(税込) 4,700円(税込) 10,000円(税込)
1ml価格 約88円 約85円 約47円

※この他に2個セットなどの販売もありますが省きました。

34mlと55mlの1mlの価格差はあまりないですが、一番大きい210mlタイプになるとかなりお得になります。

私はもちろん210mlのタイプをいつも購入しており、これで約半年以上は持ちます。(主に顔を中心につけ、体には少量をつけています。)

値段は高いですが肌の浸透具合も違う(グレードが高い方が浸透しやすい)ので、ホホバオイルを買うならナチュラルオーケストラがおすすめですよ!

ナチュラルオーケストラ55

まとめ

乾燥したアトピー肌に、ホホバオイルによる保湿はとても効果的だと思います。

ただし、ジュクジュクと悪化したアトピーには、やはりステロイドなどによる薬が必要です。

悪化したアトピーにホホバオイルを塗っても、乾燥は少し和らぐかもしれませんが、少なからずかゆみは出るので、ある程度悪化を抑えてから予防目的として使うのが良いと思います。

オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)