ホホバオイルは日焼け止めとして使える?日焼け後の肌ケアとしては?

ホホバオイルは日焼け止めとして使える?日焼け後の肌ケアとしては?

ホホバオイルを使った日焼け止め効果と、日焼け後の肌ケアに使えるのかについてまとめました。

ホホバオイルの日焼け止め効果はどれくらいなのか?

ホホバオイルの日焼け止め効果はどれくらいなのか?

ホホバオイルを使った日焼け止めの効果は若干しかありません。

昔のインディアンはホホバオイルを髪や肌の日焼け防止として使っていましたが、市販されている日焼け止めクリームの方が肌が黒くなるのを防げます。

では、どれくらい日焼け止めの効果が違うのか?

SPF(紫外線をカットする力)の数値で見ていきましょう。

SPF2書かれた日焼け止めは通常20分で肌が赤くなるところ、その2倍引き止める効果があるという意味になります。ですのでSPF2の日焼け止め製品を使うと20分×2=40分間日焼けするのを防げます。
SPF 日焼け止め時間
ホホバオイル SPF4程度 1時間20分
通常の日焼け止め製品 SPF25程度 8時間20分
強めの日焼け止め製品 SPF50程度 16時間40分

上記の表を見れば分かる通り、ホホバオイルの日焼け止め効果は多少しかないのが分かりますね。

では、他の植物系オイル(アルガンオイルやオリーブオイル)の日焼け止め効果(SPF)はどれくらいかと言うと、こちらもホホバオイルと同じくSPF4程度となります。

ホホバオイルは若干の日焼け止め効果しかありませんが、肌が弱く市販の日焼け止めクリームが使えないのならホホバオイルを使うのが良いかと思います。

ホホバオイルはオイル焼けの心配はないの?

質の悪いオイルはオイル焼け(油焼け)を起こす心配がありますが、ホホバオイルは大丈夫です。

オイル焼けとはオイルが酸化しておこりますが、ホホバオイルはとても酸化しにくく、アルガンオイルやオリーブオイルと比べても酸化するスピードが遅いのが特徴です。

髪の毛の紫外線対策にホホバオイルはどうなの?

髪の毛も紫外線を受けるとダメージをうけてしまうので、ホホバオイルをつけて紫外線対策をした方が良いです。

ホホバオイルは髪のダメージを回復しサラサラの仕上がりにしてくれるので、パーマやカラーで髪が傷んでいるなら朝晩ケアするのがおすすめです。

日焼け後の肌ケアにホホバオイルは効果的なのか?

日焼け後の肌ケアにホホバオイルは効果的なのか?

日焼けした後の肌荒れを防ぐ役目としてホホバオイルは役に立ちます。

ホホバオイルに含まれるビタミンが肌の新陳代謝を促し、肌荒れを起きにくくします。

また、日焼けが悪化し痒くなったり水ぶくれになると細菌が入りやすくなりますが、ホホバオイルは殺菌作用もあるので症状を抑える働きも望めます。

ただし、日焼けが酷いようならお医者さんで診てもらうようにしましょう。

肌ケアに使うならビタミンが含まれてるホホバオイルを使うこと

肌ケアに使うならビタミンが含まれてるホホバオイルを使うこと

日焼け後の対策としてホホバオイルを使用するなら、ビタミンが含まれてるホホバオイルを使うようにしましょう。

ビタミンが含まれているホホバオイルは、黄金色をした未精製のホホバオイルになります。(別名ゴールデンホホバオイル)

無印などで販売してる精製されたクリアのホホバオイルにはビタミンが含まれていないので、肌の新陳代謝を促す働きがありません。

新陳代謝が落ちると肌の回復が遅くなるので、栄養(ビタミン)が含まれてる未精製のホホバオイルが肌のケアにはおすすめです。

おすすめの未精製ホホバオイルはこちら「オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!」を参考にしてください。

まとめ

ホホバオイルは日焼け止めとしての効果は低いですが、日焼け後のケアとして使うのはおすすめです。

キレイな肌を維持するなら日焼け後の対策はしっかり行いましょう。

また、化学物質が含まれた化粧品は歳をとってから肌が弱くなると言われているので、肌力を衰えさせない天然系のオイルはその点でもおすすめ。

いつまでも若々しくいつづけるために、天然オイルでしっかりケアしていきましょう。

オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)