アルガンオイルとホホバオイルの違い!目的別に使い分ける方法について

アルガンオイルとホホバオイルの違い!目的別に使い分ける方法について

美容や保湿オイルとして人気がある「アルガンオイル」と「ホホバオイル」ですが、どちらを使えばいいか迷われる方も多いと思います。

シワやシミを防止したい、乾燥肌に使いたい、毛穴のケア、赤ちゃんのマッサージ、髪の保湿など、様々な使い方ができるオイルですが、一体どちらを使うべきなのか?

ここでは「アルガンオイル」と「ホホバオイル」の特徴を説明し、それぞれの使い分けについて詳しくまとめました。

どちらのオイルを使おうか迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アルガンオイルとホホバオイルの違いとは?

アルガンオイルとホホバオイルの違いとは?

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルはホホバの実から抽出したオイルで、インディアンが暑い日差しから肌や髪の毛を守るのに使われてきました。

人の皮脂に近い性質をもつ「ワックスエステル」という成分が豊富に含まれており、ほとんどの肌質に合うのが特徴です。

そのため、トラブル改善の目的によく使用されており、頭皮の毛穴つまり(育毛)、アトピーの治療、乾燥肌といった目的に使われたりします。

非常に酸化しずらい特性を持つため、高級化粧品の酸化防止として配合されたり、海外の医療機関では、人工心臓の潤滑油・消毒液から肌を保護するために使われたりしています。

テクスチャーは非常にサラッとしていてオイル特融のベタつきがないので、オイル美容初心者にも扱いやすくなっています。

アルガンオイルの特徴

アルガンオイルとは、モロッコの乾燥地帯に生息するアルガンの木の実の種から採れるオイルです。

200個の実からわずか50mlのオイルしか取れないため、価格はホホバオイルよりもやや高価。オレイン酸やリノール酸、ステロール、ビタミンEが豊富に含まれており、お肌の美容に良いオイルとして人気があります。

シワやシミ、アンチエージング効果を期待するなら、アルガンオイルを使ってみてください。

アルガンオイルとホホバオイルの使い分けについて

アルガンオイルとホホバオイルの使い分けについて

ザックリと「アルガンオイル」と「ホホバオイル」の違いについて説明しましたが、ここからはどのような使い方が適しているかをさらに詳しく説明していきます。

美容目的に使うなら

美容目的にはオレイン酸やリノール酸、ステロール、ビタミンEが豊富に含まれている「アルガンオイル」を使うのがおすすめです。

新陳代謝を促すサポートをするのでシワやシミを防ぐ効果に期待でき、メラニンの生成を抑制すると言う研究データも証明されています。

※ホホバオイルにもビタミンやミネラルなどの肌に良いとされる栄養成分は含まれています。ただ、アルガンオイルの方が豊富に含んでいると言われています。

肌トラブルに使うなら

アトピーや乾燥肌、頭皮状態のコンディションなどのために使うなら、「ホホバオイル」がおすすめです。

ホホバのほとんどの成分は皮脂の3割程をしめる「ワックスエステル」になり、このワックスエステルが大量に含まれた天然オイルはホホバオイル以外ありません。

肌によく馴染み保湿効果も高いため、乾燥によるトラブル全般の対策に向いています。

また、どんな肌質にも合うことから、赤ちゃんのベビーマッサージにもよく使われています。子供の頃から保湿を行っておくとアトピーの予防にもなるので、赤ちゃんのケアにもおすすめです。

安全性が高いのは?

「敏感肌なので低刺激なオイルを探している」というなら、ホホバオイルの方がいいでしょう。

肌馴染みが良く全ての肌質に合うと言われているので、赤ちゃんにも使用できるくらい安全性が高いです。また、ホホバオイルは非常に酸化しずらいので、開封してからも長い期間使うことができます。

それぞれの使用期限
  • ホホバオイル:約1年
  • アルガンオイル:約3ヶ月

ただし、天然の直物オイルなので、体質によって肌に合わないこともあります。これはホホバオイルだけでなくアルガンオイルも同じですので、使用する前はパッチテストをして問題ないか確かめてから使ってください。

※パッチテストのやり方は、二の腕の内側に10円玉くらいの量のオイルを塗って10分ほど様子を見るだけです。問題がなければそのまま使用し、肌が荒れるなら落ち着いた頃にもう1度パッチテストしてください。(オイルのデトックス効果で一時的に肌が荒れる場合があります。)

髪の保湿にはどっち?

髪の毛の保湿に使う場合は「ホホバオイル」と「アルガンオイル」のどちらを使ってもいいでしょう。

どちらのオイルも保湿力に優れているので、紫外線からのダメージを防いだり、パサつく髪をしっとりまとめてくれます。

毛穴をキレイにするのは?

毛穴の汚れや黒ずみケアに天然オイルを使うのも流行っていますが、これは「アルガンオイル」と「ホホバオイル」のどちらを使っても構いません。

イチゴ鼻のケア、頭皮の毛穴つまりケアなど、お好きな方を使って大丈夫です。

価格の違いは?

アルガンオイルの方がやや高めとなっています。

通販サイトなどで値段を比較すると、アルガンオイルはホホバオイルの1.5倍くらい高いです。なので、コスパを求めるならホホバオイルをおすすめします。

アルガンオイルとホホバオイルの選び方

アルガンオイルとホホバオイルの選び方

「アルガンオイル」と「ホホバオイル」は、どちらも自然由来の栄養を豊富に含んでいますが、精製されたオイルだと栄養成分が失われてしまうので注意してください。

精製する過程でオイルを加熱してしまうので、お肌に良いと言われるビタミンなどが失われてしまいます。

美容効果の高い天然オイルを選ぶのでしたら、未精製で抽出したオイルを選んでください。

そしてもう1つ大切なのが、オーガニックとして外部の機関に認定されているかも確かめましょう。

日本ではオーガニック成分が1%でも含まれていれば「オーガニック」として販売することができてしまうため、農薬や化学薬品を使ったオイルを選ばない為にも、外部機関にオーガニックと認められたものを買うことをおすすめします。

オーガニック機関は、栽培されている土地が汚染されていないか、製品は安全か、工場の衛生管理は問題ないかなどをチェックし、厳しい項目をクリアした商品だけ認定しています。

このオーガニック機関に認定されている「アルガンオイル」と「ホホバオイル」なら、品質や安全性が高いので、安心して使うことが可能です。

おすすめの「アルガンオイル」と「ホホバオイル」

では、オーガニック機関に認定されており、SNSや口コミサイトでも評価が高い「アルガンオイル」と「ホホバオイル」を1つずつご紹介いたします。

価格はややお高めですが、できるだけ最高級の天然オイルを使いたい人は検討してみてください↓

おすすめホホバオイル:「ナチュラルオーケストラ」

ナチュラルオーケストラは4つの国際的なオーガニック機関に認定されているので、製品の安全性はとても高く品質も最高級に仕上がっています。

下記の機関にオーガニック認定済↓

  • フランス【ECOCERT】
  • ヨーロッパ全体で統一【COSMOS】
  • アメリカ【USDA】
  • オーストラリア【ACO】

ナチュラルオーケストラは利用者の評価が高くSNSやアットコスメでも人気があります。

4つのオーガニック機関に認定されているというのは珍しく、他のホホバオイルだと1つの機関に認定されていればいい方です。

とにかく安全性にこだわって作られているので、1番良いホホバオイルを使いたいならナチュラルオーケストラがおすすめです。

34mlで2,778円(税別)

※公式サイトのみでの販売

 

おすすめアルガンオイル:「メルヴィータ」


メルヴィータのアルガンオイルは、世界で初めてフランスのオーガニック化粧品団体『COSME BIO(コスメビオ)』に認定されているオイルです。

専用の農地で栽培したアルガンの木の実を使用し、100%ナチュラルなオイルを販売しています。

「MYドロップ・アプリケーター」という特殊容器を使っているので、1滴ずつ出したり広い面にらくらく使えるなど、使い勝手が良いのも特徴です。

50mlで3,600円(税別)

まとめ

「アルガンオイル」と「ホホバオイル」はどちらも人気が高く、肌の美容やトラブルなどに適した天然オイルです。

それぞれの特徴を知り、目的に合った使い方をしてみてください。

最高級のホホバオイルはこれ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)