脂性肌の改善にホホバオイルを使うべき理由と参考になる口コミを紹介します。

乾燥肌にホホバオイルが役立つ:肌荒れ対策の基本は乾燥を防ぐこと

「いくら洗顔しても顔がベタつきテカテカする」

そんな悩みを解決するのにホホバオイルはおすすめです。

肥性肌の人がホホバオイルを使ってから症状が良くなったと言う口コミもあるので、まだ使ったことがないなら一度試してみるべき。

私も顔のベタベタに悩んでいた1人で、ホホバオイルケアをしてからは症状が落ち着きました。

今回は、肥性肌の改善にホホバオイルがおすすめな理由と、参考になる口コミをピックアップしましたのでご覧ください。

肥性肌にホホバオイルを使った人の口コミ

ホホバオイルを塗ると朝起きた時にテカりがあまりナイのですが、それって肌が乾燥してるってことでしょうか?
触った感じそんなに乾燥は感じません。
一年以上、化粧水でたっぷり保湿した後にホホバオイルを2敵くらい塗って寝ています。
保湿クリームや乳液で保湿した時に比べて、ホホバだと朝起きた時にテカりがないです。
全くないわけではないですが、、クリームや乳液の時と全然違います。

参考URL:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1147869576

脂性肌に近い肌で、今までファンデ使っても鼻の筋とかテカってたのに、ホホバオイル使い初めて、下地+パウダーだけにしたら艶肌!って感じでテカらなくなった……今日一回もメイク直ししてなかったけどテカりというよりツヤツヤな感じ!

参考URL:https://twitter.com/ryuka67/status/665087999357546500

ネットの口コミでは、脂性肌に悩んでいる人がホホバオイルをつけてからテカリが抑えられたと言う人が何人もいました。

ちなみに私も脂性肌なのですが、ホホバオイルを使ってから顔のテカリが抑えられています。

全ての人の脂性肌が改善するとまでは言えませんが、ホホバオイルを使うことで症状が良くなった声が多いので、悩んでいる人は一度試してみるのがおすすめですよ。

では次に、なぜホホバオイルが脂性肌の改善におすすめなのか?その理由をご紹介いたします。

顔のテカりやベタベタは皮脂が不足しているのでホホバオイルで保湿をするのが効果的!

顔のテカりやベタベタは皮脂が不足しているのでホホバオイルで保湿をするのが効果的!

人間の肌は皮脂の膜によって潤いをとじ込めています。

皮脂が無いと、「肌内部の水分が蒸発する」「外部からの異物やアレルゲンをバリアできない」ことになるので、肌には皮脂の膜がとても大事なのです。

顔がベタベタしやすいから入念に洗顔をしてしまうと必要以上の皮脂を取りすぎてしまうので、「脳が皮脂が不足してる!大変だ!」と勘違いし、いつもより過剰に皮脂を分泌します。

なので、脂性肌の主な原因は洗顔などのやりすぎで皮脂を必要以上に取り除いてしまっているからなのです。

「だけど、保湿もしっかりしてるのに顔がベタベタするんだけど?」と言う人も多いはず。

それは肌がしっかりうるおっていない(保湿不足)のが原因です。

ホホバオイルは皮脂に近い成分なので浸透性が高い!

ホホバオイルは9割以上が皮脂に近いワックスエステルと言う成分で出来ています。

皮脂に近いので肌馴染みがよく浸透力が格段に高いのがホホバオイルの特徴です。

その証拠に、ホホバオイルはオイルなのにベタつきがありません。肌につけたあとはサラッとしています。

これは肌に吸収されるスピードが早いので、オイル特有のベタつきがなくサラッとした質感になるのです。

私はホホバオイルを使ってから肌の乾燥と脂性肌の症状がとても良くなりました。

今まで使っていた保湿ケア用品は肌にしっかり浸透されていなかったので「肌内部が乾燥⇒顔がピリピリする⇒皮脂が出てテカテカする」と言った感じで保湿していた意味がありませんでした。

そこで色々調べホホバオイルが肌の乾燥や脂性肌の改善に良いと知り、使い始めて1週間もすると肌の調子が良くなったので、かれこれ3年以上ホホバオイルを愛用しています。

肌に危険な化学物質を含まない安全な天然オイルで肌ケアするなら、ホホバオイルはまさにピッタリな製品です。

脂性肌の改善にどのようにホホバオイルを使えば良いのか?

脂性肌の改善にどのようにホホバオイルを使えば良いのか?

使い方はお風呂上りに化粧水とホホバオイルをつけるだけでOKです。

まずは化粧水で肌に水分をプラスします。

その後にホホバオイルを2滴から3滴ほどつけて下さい。

大事なのは化粧水とホホバオイルをセットで使うことです。

ホホバオイルだけだと肌内部の水分不足は補えないので、化粧水でしっかり水分を補給してあげて下さい。

脂性肌に使うホホバオイルは未精製のゴールデンホホバオイルがおすすめ

脂性肌に使うホホバオイルは未精製のゴールデンホホバオイルがおすすめ

ホホバオイルは大きく2種類に分かれていて

  1. 未精製のゴールデンホホバオイル(黄金色)
  2. 精製されたホホバオイル(無色透明)

2つの違いはホホバオイルに栄養が含まれているか含まれていないかです。

栄養が含まれているのが未精製のゴールデンホホバオイル

未精製のゴールデンホホバオイルには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

この栄養は肌の新陳代謝を促す働きがあり、新陳代謝を良くすることで様々な肌トラブルの改善につながります。

ニキビを早く治したり肌荒れを起こしにくくしたり、もちろん乾燥肌や脂性肌の改善にも役立ちます。

精製されたホホバオイル(無色透明)の物よりも価格が高いのがデメリットではありますが、肌力をあげるためにも未精製のゴールデンホホバオイルを使うようにしましょう。

おすすめのホホバオイルはこちらの「オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!」でご紹介しています。

まとめ

脂性肌の改善にはまず保湿をしっかり行うことから始めていきましょう。

他には、

  • 脂っこい食べ物を避ける(和食がおすすめ)
  • 運動をする
  • ストレスを溜め込まない
  • 寝不足にならないようにする

ことも、脂性肌を改善させるのに効果的です。

ホホバオイルの保湿と一緒に取り組んでみてくださいね。

オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)