めっちゃ簡単!天然素材で安全な「潤うリップクリーム」の作り方

めっちゃ簡単!天然素材で安全な「潤うリップクリーム」の作り方

オーガニック素材だけで超簡単にリップクリームが作れるのを知っていましたか?

その時間たったの10分!

オーガニック素材なので安全性はもちろん、唇もしっかり潤うリップクリームの作り方をご紹介いたします。

手作りリップクリームの材料

手作りリップクリームの材料

材料はたったの3点

  • ゴールデンホホバオイル:12g(約大さじ1)
  • 蜜蝋(ミツロウ):3g
  • リップクリーム容器
蜜蝋3gだと市販のリップクリームより少し柔らかめになります。固めが良い場合は蜜蝋を4gにしてください。

この分量で4mlのリップクリーム容器3本分が作れます。

大さじ1の容量は本来15gなのですが、オイルは水よりも若干軽いので大さじ1で大体12gくらいになります。

ホホバオイル12g

計量器がなくて蜜蝋(ミツロウ)が計れない場合、下記の写真を参考にしてください。大体手の真ん中に蜜蝋がおさまるくらいの量で3gになります。

蜜蝋3g

超簡単!リップクリームの作り方

  1. 蜜蝋とホホバオイルを耐熱容器に入れる
  2. レンジで蜜蝋が溶けるまで加熱(1分~3分)
  3. 容器に移して冷ます(冷蔵庫に入れる)

たったこれだけでリップクリームが完成です。

補足:1蜜蝋とホホバオイルを耐熱容器に入れる

蜜蝋とホホバオイルを耐熱容器に入れる

レンジで加熱しても大丈夫な容器なら何でもOK。注ぎやすい容器がおすすめです。

補足:2レンジで蜜蝋が溶けるまで加熱(1分~3分)

レンジで蜜蝋が溶けるまで加熱

私の家のレンジは古いので蜜蝋が溶けるまで3分程かかりました。1分ごとに様子を見て溶かしてください。

蜜蝋が溶けたら竹串などで簡単に混ぜといてください。

補足:3容器に移して冷ます(冷蔵庫に入れる)

容器に移して冷ます

案外早く固まりだすので、もし固まってしまったら再度レンジにかけてください。

はじめて作ると「本当にコレ溶けるの?」と心配になりますが、分量通りに作ればちゃんと固まります。

冷蔵庫に入れて粗熱が取れたら完成です。(冷蔵庫に2分~3分入れればOK)

リップクリーム作り方

手作りリップクリームの材料はどこで買えるのか?

今回作ったリップクリームの材料は全て通販で揃えました。

ホホバオイル

未精製ホホバオイル

ホホバオイルはビタミンやミネラルの栄養が含まれた未精製の物(商品:ナチュラルオーケストラ)を使っています。

唇につける物だからグレードの高い物を使いたいので、無印などの精製されたホホバオイルは使いません。

未精製品は少し値段が高いですが、オーガニックにこだわるなら黄金色をしたゴールデンホホバオイルがおすすめです。

関連記事:オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

蜜蝋(ミツロウ)

蜜蝋(ミツロウ)

蜜蝋も未精製(黄色)の物を使用しました。(アマゾンで購入)

未精製のメリットは蜜蝋の栄養が豊富に含まれている点なのですが、花粉なども含まれているのでアレルギーが心配な方は精製(白色)された蜜蝋の方が良いかと思います。

蜜蝋は大手通販サイトならどこでも購入可能です。

リップクリーム容器(4ml容器)

リップクリーム容器

使用した容器はアマゾンで購入しました。(879円で25個入り)

ここのリップクリーム容器が最安で1個あたり35円。他だと1個あたり100円と少し高くなります。

家族や友達にプレゼントしたり、毎年作ることを考えれば多めに買っといた方が良いと思いますよ。

Q&A:シアバターや精油は入れなくてもいいのか?

シアバターを入れると潤いが増すそうなのですが、酸化スピードが速くなるので入れませんでした。ちなみに今回作ったリップクリームはシアバターなしですが唇は十分うるおいます。

精油は香りを楽しみたいなら入れても良いと思います。入れる場合は1滴ほど追加すればOK。

手作りリップクリームまとめ

ものすごーく簡単に作れるリップクリーム。

しかもオーガニック素材だけを使っているので安全性も◎です。

とっても簡単に作れるので、ぜひトライしてみてください。

オーガニック認定で安心!おすすめのゴールデンホホバオイルを4つ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)